急成長の企業で輝く:執行役員のキャリアを探る!

125view
トップ > インタビュー 一覧
氏名 星野 智洋
肩書 アルサーガパートナーズ株式会社 執行役員 システム開発事業本部 副本部長
出生 1992年
略歴 日本大学卒業。海外留学やプログラミングスクールを経てアルサーガパートナーズ株式会社に入社。入社後、Webフロントエンドチームの立ち上げやマネジメント業務を経験し、現在は執行役員 システム開発事業本部 副本部長として活躍。
趣味 音楽・映画鑑賞 ツーリング
特技 ギター

—【編集部】これまでどんな事をされてきましたでしょうか。

—【星野】 大学時代は、学業のほかに接客業のアルバイトをメインにしていました。居酒屋やダイニングバーのようなところでアルバイトをしていたので、今考えると、年上の人と話す経験や機会はそこで培われたと思います。海外留学は、就職活動を開始する前に生き方や働き方の価値観を広げたいと考え、3ヶ月の期間フィジーに行きました。海外で生活する中で改めて治安や衛生面など日本の良さに気づきましたね。日本に帰国後、場所や時間を選ばずにできて、やればやるほど経験値が積み上がっていく仕事を考えたとき、自分の中での選択肢はプログラミングでした。業界未経験で何もわからない状態だったので、転職サポートもついているプログラミングスクールに通いました。帰国したタイミングでお金もあまりなかったこともあり、1ヶ月間で無理やりフロントエンドとバックエンドの両方の開発を学べるように頼んで、やり遂げましたね。

—【編集部】現在の会社に入社した経緯をお聞かせください。

通っていたプログラミングスクールで、実務未経験エンジニアとしてチャレンジ可能な企業を紹介してもらい、面接に行ったのがきっかけです。いくつか面接を受けた中でも、代表の小俣の人柄や風貌が非常に印象的で、迷わずアルサーガパートナーズに入社を決めました。

—【編集部】今、どんなコトを任されていますか?

—【星野】 現在は、執行役員としてプロジェクトマネージャーを複数名束ねる部門長のような役割を担っています。プロジェクトのデリバリーが業務の約5割を占めています。その他に採用活動にも関わっています。現在は落ち着いていますが、多い時は1日に2、3件の採用面接が入ることもあります。また、部門全体の売上管理や新規案件の獲得に向けたヒアリングや提案書作成も行っています。

—【編集部】会社や事業のどんなところを魅力的に感じられていますか?

弊社の良いところは、進んで手を挙げればさまざまなことにチャレンジできる環境があることです。私自身もエンジニアとして入社し、プロジェクトマネージャーとしてキャリアチェンジできましたし、直近でも同じようにエンジニアで入社した人がプロジェクトマネージャーにキャリアチェンジしようとしています。このような環境はとても魅力的だと思います。

—【編集部】さて、ここで少し流れを変えて「20問20答」をさせてください。 私が質問を投げますので、考えずに、正直に、スグに答えてください。

Q1. 好きな漫画は?

A1. ONE PIECEとBLUE GIANT

Q2. 人情派? 理論派?

A2.人情派だと思います。仕事ではできるだけ理論的にしようと思っていますが。

Q3. パン派ですか? ライス派ですか?

A3. ライス派

Q4. 都会が好きですか? 田舎が好きですか?

A4. 今は都会ですね。

Q5. 保守的? 革新的?

A5. 革新的な方が大きいですね。

Q6. 好きなミュージシャンは?

A6. なんだかんだ一番B’zが好きですね。

Q7. これまでに仕事でやらかした一番の失敗は何ですか?

A7.もう日々やらかしてばかりなのでどれが一番かはわからないですね。

Q8. 犬派? 猫派?

A8. 犬派です。

Q9. 現実派? 夢見がち?

A9.ちょうど中間ぐらいですね。

Q10. 今、一番会いたい人は?

A10.尾田栄一郎。

Q11. 仕事道具でこだわっているのは?

A11. どこに行っても仕事ができるようになるべくツールには拘らないようにしています。

Q12. どんな人と一緒に仕事したいですか?

A12. 素直でポジティブな人と一緒に仕事したいです。

Q13. 社会人になって一番心に残っている言葉は?

A13.ありきたりですが、仕事をお願いしてよかったです。って言ってもらえた時は非常に嬉しいですね。

Q14. 休日の過ごし方は?

A14.散歩したり、ギター弾いたり、あとお酒飲んだりとかですね。

Q15. 好きな開発言語は何ですか?

A15.JavaScript、TypeScript

Q16. 仕事の中で一番燃える瞬間は?

A16.自分が採用したメンバーが活躍してるのを見ると、もっとその人たちのためにできることを増やしていきたいと思いますね。

Q17. 息抜き方法は?

A17.お酒を飲むこと(一杯目はビール)、自然に触れること

Q18. 好きなサービスやアプリは?

A18.ChatGPT

Q19. 学んでみたいことは?

A19.改めて歴史を学び直したいです。

Q20. 最後に一言

A20.ぜひ一緒に働きましょう!

—【編集部】現在の会社で何を成したヒトと記憶されたいですか?

—【星野】 弊社は上場を目指している会社なので、上場した会社のメンバーの一員として記憶されたいです。

—【編集部】最後に同様のキャリアを目指される方にアドバイスはありますか?

—【星野】 そうですね。大きく二つあります。一つは、若いうちに自身の限界や能力の幅を広げておくことだと思います。若い時期は体力があるため、多少の無理は可能です。その経験を通じて自分のキャパシティを広げておくことで、将来的により多くの挑戦やストレスに耐える力を身につけることができると思っています。 もう一つは、失敗をたくさんした方がいいですね。失敗すること自体が大事だとは思いませんが、失敗した上でどうやって立ち上がるかを身につけておくべきだと思います。


\\ Cuval側のコラボ記事はこちら //


https://cuval.jp/category/interview/


<取材・撮影・文/平林宏城 企画・構成/大芝義信>

<提供/株式会社グロースウェル>

COMPANY
企業 アルサーガパートナーズ株式会社



アルサーガパートナーズ株式会社にアクションする