日本社会を持続可能にするために成長し続けるCTO

60view
トップ > インタビュー 一覧
氏名 沖永凌
肩書 株式会社ARTISAN  取締役CTO
出生 1990年
略歴 京都大学法学部卒。一社目のGCストーリー株式会社にて管理部門に配属され社内SEとして業務アプリケーション開発に従事。その後、複数の創業期の会社でソフトウェア開発を経験。2022年4月、共同創業者として株式会社ARTISANを設立。現在取締役CTOとして、工事・メンテナンス会社向けの業務管理システム「現場Hub」を提供中。
趣味 将棋をはじめとしたボードゲーム・RIZINとUFCの試合を見ること
特技 忘れっぽくなってきたので、記憶力に頼らない働き方をよく考えるようになりました。細かくドキュメントを残したり、酔っ払っていても変数や関数の意味を分かるようにするなど

—【編集部】これまでどんな事をされてきましたでしょうか。

—【沖永】 大学卒業後、『成長と貢献』という理念を掲げているGCストーリー株式会社に興味を持ち、入社しました。情報システム部門に配属され、社内SEとして4年間従事し、パソコンのキッティングから社内アプリケーションの開発まで幅広い業務に携わりました。アプリケーション開発は社会人になって初めての経験で、最初はVBAでプログラムを書き、Excelを使った業務の効率化を行いました。当時はプログラムを書く事でこんなにも業務を楽にすることができるのかと驚き、魔法使いになった気分でした。そこからあらゆる業務の効率化を図りたくなり、プログラマーとして成長していこう思い、勉強し始めました。その後、Webアプリケーションの開発やRPAの導入で社内業務の効率化をしていきました。退職後は、創業期の会社の社員や個人事業主として、一貫してWebアプリケーションの新規開発をしていました。色んなWebサービスの開発に関わっているうちに自分でサービス内容を考えて世に出してみたいと考え、個人で開発を始めました。

—【編集部】現在の会社を創業した経緯をお聞かせください。

代表の岡田とは大学時代にアメフト部で一緒に活動していましたが、卒業後は共通の友人の結婚式で再会する程度の交流でした。偶然にも、Clubhouseのアプリを通じて再び出会い、お互いの近況報告をする機会がありました。岡田のビジョンや構想を聞き、面白いことができそうだと感じました。私もちょうど一からサービスを作ってみたいと思っていたので、一緒にプロトタイプを作ることになりました。その後、ARTISANを創業し、二人でプロトタイプを持って工事会社に営業を開始しました。

—【編集部】今、どんなコトを任されていますか?

—【沖永】 時間の7割を開発業務に費やしています。開発業務では、要件定義・設計・実装・QA・メンバー管理をしています。残り3割は経営レイヤーの業務や会話・CS・コーポレートをやっています。

—【編集部】会社や事業のどんなところを魅力的に感じられていますか?

まず、解決しがいのある課題に取り組めていることです。世の中には、まだ存在しないニーズを生み出す会社と、既にある社会課題の解決に取り組む会社があると思います。私たちは人手不足やIT化の遅れなどの、建設・設備業界を取り巻く課題を解決するために働いており、顧客からのニーズも強く感じられ、意義のある仕事をやっている実感が得られます。 またエンジニアのメンバーが顧客の課題解決に意識が向いている点も魅力的だと思います。開発者が、商談やCS対応などを通じて直接顧客と接することで、より顧客が求めるものを理解でき、新規開発や改善に活かせていると考えています。

—【編集部】さて、ここで少し流れを変えて「20問20答」をさせてください。 私が質問を投げますので、考えずに、正直に、スグに答えてください。

Q1. 好きな漫画は?

A1. ヒストリエ

Q2. 人情派? 理論派?

A2.理論派

Q3. パン派ですか? ライス派ですか?

A3. ライス

Q4. 都会が好きですか? 田舎が好きですか?

A4. 都会

Q5. 保守的? 革新的?

A5. 保守的

Q6. 好きなミュージシャンは?

A6. 昔はBLANKEY JET CITY。今はNujabesですね。

Q7. これまでに仕事でやらかした一番の失敗は何ですか?

A7. 消してはいけないデータを消してしまったこと。

Q8. 犬派? 猫派?

A8. どちらでもないですが、強いて言えば犬派ですね。

Q9. 現実派? 夢見がち?

A9.現実派

Q10. 今、一番会いたい人は?

A10. いないです。

Q11. 仕事道具でこだわっているのは?

A11. 特にありません。

Q12. どんな人と一緒に仕事したいですか?

A12.日本が好きな人

Q13. 社会人になって一番心に残っている言葉は?

A13.30歳から急激に物覚えが悪くなるよという言葉

Q14. 休日の過ごし方は?

A14.子供がいるので育児ですかね

Q15. 好きな開発言語は何ですか?

A15.Ruby

Q16. 仕事の中で一番燃える瞬間は?

A16.遭遇したことがないバグに出会った時。

Q17. 息抜き方法は?

A17. 日光浴

Q18. 好きなサービスやアプリは?

A18.Kindle

Q19. 学んでみたいことは?

A19.最近、機械がどう動くのかに興味を持ち始めました。空調や洗濯機など。

Q20. 最後に一言

A20. 今が一番楽しいです。

—【編集部】現在の会社で何を成したヒトと記憶されたいですか?

—【沖永】 会社の仲間たちから、ホライズンテクノロジーを通じて成長できた・ワクワクできた・チャレンジできたという組織を作ったヒトとして記憶されたいです。

—【編集部】最後に同様のキャリアを目指される方にアドバイスはありますか?

—【沖永】 自分の興味の赴くままに仕事を選び、懸命に働くことが一番良いと思います。振り返ってみて形成されているものがキャリアだと考えています。


\\ Cuval側のコラボ記事はこちら //


https://cuval.jp/category/interview/


<取材・撮影・文/平林宏城 企画・構成/大芝義信>

<提供/株式会社グロースウェル>

COMPANY
企業 株式会社ARTISAN



株式会社ARTISANにアクションする