トップタイトル:エネルギーテック企業のVPoEが語る『採用や事業の仕組みづくり』とは?

116view
トップ > インタビュー 一覧
氏名 亀田大輔
肩書 ENECHANGE株式会社 執行役員VPoE
出生 1978年生まれ
略歴 東京理科大学大学院を卒業後、SIerを経てピクスタ株式会社でリードエンジニア・運用責任者、株式会社FiNC Technologiesで開発責任者、ユニオンテック株式会社(現クラフトバンク株式会社)でCTOを務め2021年7月にENECHANGE株式会社に入社。VPoEとして全社のエンジニア組織のマネジメントをすると共に、プラットフォーム事業部開発責任者兼CTO室長を務める。
趣味 ゲーム
特技 剣道(剣道二段)

—【編集部】これまでどんな事をされてきましたでしょうか。

—【亀田】 新卒で中小規模のSierに入社した後、自社サービス企業であるピクスタに移籍しました。当時のピクスタは資金調達を控え、事業も軌道に乗り始めた段階であり、社員数も20名程度で急成長を目指すタイミングでした。入社後はリードエンジニアとして、PerlからRuby on Railsへの移行やAWSへのインフラ移行プロジェクトに携わりました。その後は、賃貸情報やFiNC Technologies、クラフトバンクなどの企業でキャリアを積みました。FiNC Technologiesではリードエンジニアやアプリ開発統括マネージャーとして開発を牽引し、クラフトバンクではCTOとしてコア部分の開発を主導し、組織作りにも携わりました。

—【編集部】現在の会社に入社された経緯をお聞かせください。

—【亀田】 41歳から42歳の時期にコロナ禍における環境変化で新たなるチャレンジを探すことにし、30〜40社ほどのカジュアル面談を受け、自分に合った企業を探すことにしました。その中でENECHANGEも含まれており、最終的には10社ほどに絞りました。ENECHANGEを選んだ理由は、最終面接の直前に急遽カジュアル面談の機会があり、CMOの曽我野、当時のCOO社長である有田、そして当時のCTOの田中と面談する機会が与えられたことがきっかけでした。この面談で、会社の可能性について話を聞かせていただきました。特に、スマートメーターの第三者開放の活用に取り組み始めるという話に興味を持ちました。スマートメーターの第三者開放の活用によって各家庭における実際の電気の使用状況にあわせた提案や節電支援のアドバイスができることの魅力に惹かれました。また、事業全体として社会インフラとして環境問題や社会問題にも関われることも魅力的だと感じ、入社を決意しました。ENECHANGEは、通常の選考の中で最終選考の前にカジュアル面談を行うことはないので、そのような機会を与えていただいたことから、大変熱心に評価していただいていると感じ、入社を決める決め手となりました。

—【編集部】今、どんなコトを任されていますか?

—【亀田】 現在、私はCTO室のVPoEと事業部の副事業部長の2つの役割を兼任しています。このうち、約7割の時間を事業部の副事業部長としての業務に費やし、約3割の時間をCTO室のVPoEとしての業務に充てています。 副事業部長としての業務では、事業の成長戦略に関する議論に参加し、計画を策定し、どのような開発組織を構築し、どのようなサービスを展開していくかについて意思決定を行っています。 一方、VPoEとしての業務では、採用プロセスの改善や採用戦略の構築をはじめ、ENECHANGEに長く関わっていく社員のキャリアや人生に関する支援を行っています。1on1の形式で行う面談を通じて、個々の社員のキャリアパスや成長について話し合い、その方向性を構築しています。頻度としては、1ヶ月半ごとに1回、四半期ごとに1回のペースで行っています。

—【編集部】会社や事業のどんなところを魅力的に感じられていますか?

—【亀田】 当社の魅力は、社会インフラを構築し、技術的にもビッグデータやトランザクションの多い領域に取り組んでいることにあります。

—【編集部】さて、ここで少し流れを変えて「20問20答」をさせてください。 私が質問を投げますので、考えずに、正直に、スグに、答えてください。 答えやすい質問の中に、ちょっとだけ答えづらい質問が混ざってるかもしれませんよ(笑)。

Q1. 好きな漫画は?

A1.幽☆遊☆白書

Q2. 人情派? 理論派?

A2. 理論派でありたいんですけど人情派な気がします。

Q3. パン派ですか? ライス派ですか?

A3. パン派

Q4. 都会が好きですか? 田舎が好きですか?

A4. 都会

Q5. 保守的? 革新的?

A5. 革新的

Q6. 好きなミュージシャンは?

A6.強いていうならば、TM NETWORK 

Q7. これまでに仕事でやらかした一番の失敗は何ですか?

A7. 間一髪で回避していたことが多く、特に無し。

Q8. 犬派? 猫派?

A8. どちらでもない。

Q9. 現実派? 夢見がち?

A9. 夢見がち

Q10. 今、一番会いたい人は?

A10. いない

Q11. 仕事道具でこだわっているのは?

A11. 作業用チェア

Q12. どんな人と一緒に仕事したいですか?

A12. 可能性感じる人や自分にないものを持っている人

Q13. 社会人になって一番心に残っている言葉は?

A13. 世の中、運と実力の割合が50%とバランスが重要。

Q14. 休日の過ごし方は?

A14. 副業かゲーム

Q15. 好きな開発言語は何ですか?

A15. Ruby

Q16. 仕事の中で一番燃える瞬間は?

A16. トラブルが起こっているとき

Q17. 息抜き方法は?

A17. ゲーム

Q18. 好きなサービスやアプリは?

A18. X(旧:Twitter)

Q19. 学んでみたいことは?

A19. 機械学習、英語

Q20. 最後に一言

A20. 弊社は、エネルギー×ビッグデータの事業を展開しているので興味ある方は是非!

—【編集部】現在の会社で何を成したヒトと記憶されたいですか?

—【亀田】 会社の役割や現在のフェーズを考慮すると、次の段階に進むための基盤を構築することが重要です。私自身も、事業を構築することに強い関心を抱いており、そのためには採用や事業の仕組みづくりなどを担った中心人物と記憶されたいです。

—【編集部】最後に同様のキャリアを目指される方にアドバイスはありますか?

—【亀田】 知識も非常に大事ですが、様々な課題や人々との経験を積み重ねることも同じくらい、あるいはそれ以上に重要だと考えています。一直線に進んできたわけではない道のりが逆に良い経験となり、後にプラスになることがあります。回り道をしているように感じても、どこかで将来役立つ可能性があるので、その機会を大切にできると良いと思います。


\\ Cuval側のコラボ記事はこちら //


https://cuval.jp/category/interview/

COMPANY
企業 ENECHANGE株式会社



ENECHANGE株式会社にアクションする