日本のインバウンド市場の拡大に向けて熱狂!

69view
トップ > インタビュー 一覧
氏名 吉野哲仁
肩書 WAmazing株式会社 CTO
略歴 SIer数社を経て2007年ヤフー株式会社入社。Yahoo!ショッピングのバックエンドエンジニアを努め、注文システムリニューアルなどのプロジェクトをリード。2013年、中国アリババ社に半年間出張し、淘宝・天猫のシステム/業務を学び、中国ビジネスのスピードと規模の大きさに刺激を受ける。その後、Yahoo!トラベル開発リーダー、アスクル株式会社への出向を経て、2016年に同社テクニカルディレクターに就任。ショッピング・トラベル・ダイニングサービスの技術責任者を務める。2019年、WAmazingのビジョンに共感し、VPoEとしてジョイン。現在はCTOとして「インバウンドx地方事業者」をテクノロジーで繋げるサービス作りに挑戦している。
趣味 読書、水泳、バイク(乗る機会が少ないので趣味と言えるようにしたい)
特技 水泳。中国語(勉強中)

—【編集部】これまでどんな事をされてきましたでしょうか。

—【吉野】 1社目は、実家からも近い小さなSES会社に就職しました。何社か面接を受けたのですが、社長が印象的でフィーリングで決めました。書類も準備して挑んだのですが、書類も見ずに雑談のみ行い、最終的にはその場で社長から『ウチの会社に来てよ』と内定をいただいたことは今でも記憶に残っています。入社後は、様々な現場で経験を積んでエンジニアとしてのキャリアを構築していきました。業界の中でもプロフェッショナルな方々が集まるプロジェクトに参画した時は、クオリティやスピードの違いを肌で感じ、レベルの高さを痛感しました。その反面、プロフェッショナルの方々がいる現場に身を置くことができたのは、私のキャリアの中ではとても有意義なもので非常に勉強になりました。最終的には、その現場で知り合った方に『ウチの会社に来ないか』と誘われて転職に至りました。その後、2社目の会社でも様々なプロジェクト開発に携わっていく中で、もっとたくさんの人たちと仕事をしていき、自己成長したいと考えてヤフーに転職しました。当時ヤフーは、大量採用を行っていたので、真っ先にエントリーしました。選考が進んでいく中でいくつかのサービスの開発部長の方々も面接に出てきました。その中にショッピング事業部の責任者の方もおり、最終的にショッピング事業部での採用となりました。私のヤフー時代には、大きく三つの出来事がありました。

まず一つ目は、2013年頃に中国へ行き淘宝の仕組みを研究したことです。私はヤフーショッピングのプロジェクトリーダーとして、メンバーを引き連れて半年ほど中国で学びました。淘宝の取り組みを目の当たりにすると、ヤフーショッピングが追いついていないことや、技術やビジネスのレベルの違いを痛感しました。技術的な側面は似ていたものの、その技術をどのようにサービスやビジネスに結びつけていくかにおいて、大きな差があったのです。この経験は私にとって非常に貴重なものでした。

二つ目は、アスクルに出向した時の経験です。LOHACOでの越境ECに携わり、中国に詳しいことから出向を依頼されました。エンジニアとしてジョインではなく事業責任者としてのジョインでしたので、初めは抵抗もありましたが、実際に現場に入ると多くのことを学びました。ヤフーショッピングでECモールのシステムを構築してきた経験がありましたが、商品の仕入れから在庫管理、発送といった実務を経験することで、マーチャント側の視点を深く理解することができました。これにより、ECサービス全体の仕組みや収益の仕組みを理解することができました。

三つ目は、ヤフーショッピング(ヤフートラベルも一時的に担当)のテクニカルディレクターとして3年間の経験です。実質的にはサービスのCTOであり、技術的な戦略や課題解決に携わりました。役職がない状態から一気にサービスの責任者になったため最初は戸惑いましたが、この経験により視野が広がり、経営としての視点を身に付けることができました。特に小澤さん(当時、ヤフー取締役)との仕事は、経営者としての視点や考え方を学ぶ上で大きな機会でした。

—【編集部】現在の会社に入社された経緯をお聞かせください。

ベンチャー企業でのチャレンジを望み、当時エージェント会社を通じてたくさんの会社を紹介していただきました。これまでの転職活動の中で、一番たくさんの会社と話をすることになりましたね(笑)。その中にWAmazingも含まれていました。最終的にWAmazingを選んだ決め手は、グローバルにビジネスを展開しているため、これまで経験したことのない領域で新たなチャレンジができる点や、ヤフーで培ったECやトラベルの経験を活かせるバランス感があったからです。さらに、インバウンド業界における成長性や将来性を感じたので、こうしたところでのチャレンジは興味深いと思いました。また、一緒に話した私と年齢が近い経営層の方々も楽しそうで話しやすく、話が合いそうだったのも決め手の一つでした。

—【編集部】今、どんなコトを任されていますか?

—【吉野】 現在、私はCTOおよび中国事業の責任者の両方の業務を兼任しています。CTO業務が5割、中国事業の責任者業務が5割の割合で担当しています。中国事業の責任者として、主に我々の旅行商品を中国市場に展開するためのマーケティング戦略やビジネス展開に取り組んでいます。チームメンバーは、私以外は全員中国人です。一方で、CTO業務では、採用に2割の時間を割き、残りの3割は開発戦略に関する話に加えて、インフラ業務や情報システム、セキュリティなど、現場のチームが対応できない課題に一時的に対処しています。

—【編集部】会社や事業のどんなところを魅力的に感じられていますか?

私たちのチーム作りの考え方は、自社のサービスを展開していることを踏まえ、サービスにコミットしてもらいたいという点が根幹にあります。各サービスごとにフェーズや課題が異なるため、チームメンバーが自分の担当するサービスの課題や今期の目標を深く理解し、課題解決や目標達成に取り組むことを期待しています。採用時には、弊社ビジョンへの共感やサービス思考があるかどうかを慎重に見極めるため、エンジニアやデザイナーは皆ビジョンへの共感やサービス思考を持っています。 例えば、サービスの今後を話し合うブレストのMTGからエンジニアやデザイナーが積極的に参加し意見を出すことを求められるため、活発な意見交換が行われています。これは、弊社の特徴でもあり魅力的な面でもあります。

—【編集部】さて、ここで少し流れを変えて「20問20答」をさせてください。 私が質問を投げますので、考えずに、正直に、スグに答えてください。

Q1. 好きな漫画は?

A1. なし

Q2. 人情派? 理論派?

A2. 理論派

Q3. パン派ですか? ライス派ですか?

A3. ライス派

Q4. 都会が好きですか? 田舎が好きですか?

A4. 田舎

Q5. 保守的? 革新的?

A5. どちらかというと保守的

Q6. 好きなミュージシャンは?

A6. 黒夢。激しい曲が好きですね。

Q7. これまでに仕事でやらかした一番の失敗は何ですか?

A7. なし。もしかしたら失敗だと思っていないだけかもしれません(笑)

Q8. 犬派? 猫派?

A8. 犬も猫も好きで犬猫ともに飼ってます。

Q9. 現実派? 夢見がち?

A9.現実派

Q10. 今、一番会いたい人は?

A10. ヤフー時代にお世話になった上司(故人)

Q11. 仕事道具でこだわっているのは?

A11. 昔は、PCやキーボードなど、拘りありましたが、今はないです。

Q12. どんな人と一緒に仕事したいですか?

A12. 良い意味で空気を読まない方。

Q13. 社会人になって一番心に残っている言葉は?

A13. 一言で言うと『実利を取れ』。ビジネスをする上でプライドなどは何も役に立たないのでとにかく実利を取る判断をしなさいとヤフー時代の上司からいつも言われてました。今でも仕事をする上で考え方のベースになってますね。

Q14. 休日の過ごし方は?

A14. 家族と色んなところに出かけること。

Q15. 好きな開発言語は何ですか?

A15. フレームワークですが、Node.js。昔から好きで、中身の動きや仕組みを調べたりしてますね。

Q16. 仕事の中で一番燃える瞬間は?

A16. 考えたことがなかった課題を考える時。

Q17. 息抜き方法は?

A17. 読書、水泳。

Q18. 好きなサービスやアプリは?

A18. Spotify。自分が普段聴かないような新しい音楽やアーティストと出会えるのは、本当に面白いですよね。

Q19. 学んでみたいことは?

A19. やはりAI関連ですね。新しいトレンドはしっかり追って学んでいかないといけない感覚はあります。

Q20. 最後に一言

A20. インバウンドならWAmazinng。絶賛採用を強化しています。

—【編集部】現在の会社で何を成したヒトと記憶されたいですか?

—【吉野】 日本のインバウンドのマーケットを大きくすることに貢献した人

—【編集部】最後に同様のキャリアを目指される方にアドバイスはありますか?

—【吉野】 私自身のキャリアを振り返っても、無駄な時間や空白の期間と感じたことは一切ありませんでした。これまでの経験は、今も全て私の基盤となっています。たとえば、エンジニアであるからといって、常にモノづくりに取り組まなければならないというわけでは無いと思います。重要なのは、何を目指すかを明確にし、どのような学びを得るかを考えることです。もちろん、すべてが順調に進むわけではありませんが、予期しない状況が訪れたとしても、挑戦し、その仕事から何を得るかを考えることで、自身のキャリアを築くことができると信じています。


\\ Cuval側のコラボ記事はこちら //


https://cuval.jp/category/interview/

COMPANY
企業 WAmazing株式会社



WAmazing株式会社にアクションする